頭痛 原因 | 頭痛ならからだ回福堂

頭痛の原因

片頭痛

【原因】

 

ズキンズキンと脈打つような痛みが起こる片頭痛は、頭の中で血管が拡がり、拍動に合わせて周囲の神経に刺激が伝わることにより起こります。何らかの原因で脳の太い血管が拡張すると、その周囲を取り巻いている頭の中で一番大きな神経「三叉神経」が圧迫され、刺激を受けます。刺激を受けた三叉神経から神経ペプチドとよばれる「痛みの原因となる物質」が放出され、血管の周りに炎症が起こります。するとさらに血管が拡張し、ますます周りの三叉神経が刺激されます。この刺激が大脳に伝わり、「痛み」として認識されることで頭痛が起こります。

 

【主な症状】

場所:頭の片側に起こることが多いが、両側のこともある。

 

頻度:月に1~2回程度から、多い時は週に1~2回

 

痛み方:・時々起こる。「ズキンズキン」あるいは「ガンガン」と脈打つような痛みが4~72時間続く。

 

経過:1~2時間で痛みはピークに達し、吐き気や嘔吐(おうと)を伴うことが多い。

 

動くとどうなる:動くと痛みが悪化する。姿勢を変えりするだけでも痛みが強くなる。

 

仕事や家事:動くこともできず、仕事や家事・勉強などが手につかなくなり、能率が下がる。

 

痛み以外の症状:吐き気や胃がむかむかすることがある。光がまぶしく感じることがある。

 

前兆:フラッシュのような光やギザギザした光が現れたり、視野の一部が見えにくくなることがある。

緊張型頭痛

【原因】

 

首から肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張することで起こると言われています。筋肉の緊張が高まると、筋肉内の血流が悪くなり、筋肉の中に乳酸やピルビン酸などの老廃物がたまります。それが周囲の神経を刺激し、締め付けられるような痛みを起こすのです。また精神的ストレスは、筋肉の緊張がなくても頭痛を引き起こすことがあります。神経の緊張が毎日のように続くと、脳に備わっている「痛みのコントロール機能」がきちんと働かなくなり、筋肉が緊張していなくても頭痛が起こるようになってしまうのです。

 

場所:頭全体や後頭部や首筋

 

頻度:同じような痛みが毎日起こる。

 

痛み方:頭全体が締め付けられるように痛む。

 

動くと痛みはどうなる:痛みが軽くなる。

 

家事や仕事:何とかできる。

 

頭痛以外の症状:めまいや首・肩こりを伴う。

群発性頭痛

【原因】
まだ明らかになっていない点が多いですが頭の血管の拡張がかかわっていると考えられています。半年から2~3年の周期である期間に集中して頭痛が起こります。目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を引き起こすため、目の奥が痛むと言われています。また、血管を取り巻いて、涙腺の働きや瞳孔の大きさをコントロールしている自律神経が刺激されて、涙が出る、瞳孔が小さくなるといった症状を伴うこともあります。

 

【症状】

場所:必ず頭の片側が痛む。片側だけの目の奥や周囲。

 

頻度:1~2か月間集中してほぼ毎日起こる。

 

痛み方:目の奥がえぐられるような激痛。耐え難い痛み。

 

経過:1日に1~2回起こり、1回の痛みは15分から3時間続く。

 

動くと痛みはどうなる:動くと痛みが紛れる。

 

痛み以外の症状:目の充血や涙、鼻水などを伴うことがある。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 頭痛の原因 お客様の声 施術の流れ 施術料金 アクセス よくある質問 お問合せ